お茶に関する情報が満載!

マイボトルのお茶を持参するメリット

日本人には馴染み深い飲み物といえばお茶です。
日頃からペットボトルのお茶を買ったり、自宅で作って飲んでいる方も多いのではないでしょうか。
とくに、毎日学校や会社でお茶を購入している場合には、マイボトルに入れて持っていく、という方法があります。
マイボトルを自宅から持参すると維持費を安くすることができるので、その分の余ったお金を別のことに使ったり、貯金をすることも可能です。
初期投資としてお茶を入れるための水筒購入費用、お茶っ葉の費用がかかりますが、いったん買い揃えてしまえば長く使うことができるのでお得です。
自分で作ることのメリットとしては、お金を節約できるだけではなく、自分好みの味のものが作れる、ということです。
人によって濃いもの、薄いものといった具合に味の好みもありますし、銘柄でいってもたくさんの種類がありますので、市販のものでは味わえないようなクオリティのものを工夫次第で飲むことも可能なのです。
もちろん手軽に楽しみたいという方には、ティパックを使うことでスピーディに作ることもできますから、状況に応じて選ぶようにしましょう。
最近ではマイボトルを持参する方も増えていますから、地球のために優しいマイボトル習慣を始めてみてはいかがでしょうか。

お茶の種類について

お茶には、とてもたくさんの種類があります。
大きくカテゴリー分けすると、緑茶と呼ばれる日本茶の種類もありますし、中国茶の種類もあります。
また、紅茶もお茶の種類の一つです。
普段は何気なく飲んでいる日本茶にも、実に多くの種類があります。
日常的に最もポピュラーに飲まれているのが、煎茶のお茶です。
茶園で育てた生葉を加工して、市販の製品となります。
蒸して揉み、荒茶を製造していくポピュラーな製法で出来ているのが、煎茶になります。
そんな普通の煎茶より、倍の時間をかけて蒸して出来上がるのが、深蒸し煎茶になります。
形状としては、若干粉っぽくなります。
しかし、グリーンの水色が鮮やかに濃くでてきます。
独特の旨みが醸し出されるのが、玉露です。
2枚から3枚の新芽が開き始めの時期を見計らい、ワラやヨシズで茶園を覆います。
その期間は20日ほどで、お日様の光を遮り、成長させたのが玉露です。
カテキン生鮮はセーブされますから、味わいには苦味もなく、豊富な旨みが堪能できます。
渋みがあまりなく、多くの旨みをもつタイプに、かぶせ茶もあります。
茶のシーンでもお馴染みなのは、抹茶です。
抹茶は、スイーツの方面にも、幅広く進出しています。

おすすめWEBサイト

結婚式に最適なモーニングをレンタルできます

モーニングをレンタルする

セイコー、電池式の強化買取を行っており、高額での買い取りが可能です。

グランドセイコー クォーツ 買取

業界最高峰の脱毛機を使用しています。

メンズ脱毛 梅田

明るい内装のネイルサロンです。

ネイルサロン 新宿

Last update:2018/3/30

Copyright 2015 ほっと一息  All Right Reserverd.