お茶に関する情報が満載!

お茶のおいしい入れ方

お茶は、茶葉の種類や質によって、入れるのに適切なお湯の温度や蒸らし時間が異なります。
日本茶の場合、高級であればある程、低温のお湯でじっくりとうまみを引き出します。
日本茶の中で最も高級な玉露を入れる適温は50度のお湯です。
お茶に含まれる成分には、うまみ成分のアミノ酸と渋み成分のカテキンとがあります。
アミノ酸は60度以上の温度の時、カテキンは80度以上の時に出て来ると言われます。
煎茶は渋みを抑えつつうまみを出す為に、70度~80度で入れるのが適温です。
香り成分を楽しむほうじ茶や玄米茶は、100度のお湯が適温です。
使う水は、軟水がおすすめです。
水道水を用いる場合は、塩素が含まれますので、沸騰させてから使用します。
お茶の美味しい入れ方は、まず湯飲みにお湯を入れ、適温まで覚まします。
急須に茶葉を入れます。
適温に覚ましたお湯を急須に注ぎ、40秒ほど置いた後、茶葉とお湯がよく混ざるように、急須を2~3回回します。
人数分の湯飲みに、濃さが均等になるように注ぎます。
最後の1滴まで注ぎきるのが美味しい入れ方のコツです。
上級の茶葉なら、2煎目、3煎目を楽しむことが出来ます。
その際は、少しお湯の温度を高めにするのがおすすめです。

美味しいお茶の入れ方

美味しいお茶の入れ方は、コツを抑えるといいです。
2人分のお茶なら、茶葉は4gほど、お湯の温度は80度から90度くらいにします。
お湯の料としては200ml、浸出時間は30秒ほどです。
急須に、ティースプーン2杯ほどの茶葉を入れます。
お湯は一旦湯呑に移しておきます。
普通煎茶であれば、やかんやポットのお湯を、そのまま急須へ入れてかまいません。
湯飲みに入れて遊湯冷まししたお湯を、急須に注いて、浸出時間を30秒ほどおきます。
急須からお茶を、湯呑へ均等に、少しずつ注いでいれます。
煎茶ティーバッグでも、おいしい入れ方をすることができます。
茶葉の量は、カップ1杯につき、ティーバックを1つ使います。
沸騰したポットのお湯を、そのまま直接注ぎます。
充分に蒸らして、時間が経過したら、タグを持って、数回振ります。
引き上げるときには、スプーンなどでは絞らないようにします。
静かにそのまま引き上げましょう。
美味しいお茶がいただけます。

pickup

外壁塗装 千代田区

最終更新日:2018/3/30

Copyright 2015 ほっと一息  All Right Reserverd.