お茶に関する情報が満載!

お茶の持つ効能や健康に良い成分

お茶は、大きく分けると主に日本茶(緑茶)・中国茶・紅茶の3つがあります。
緑茶に含まれる渋味成分でもあるカテキンには、血中コレステロールの低下や体脂肪の低下、がん予防、抗酸化作用、虫歯予防・抗菌作用などがあると言われています。
苦味成分であるカフェインには、持続力の増加や利尿作用があり、旨味成分のテアニンにはリラックス効果があります。
その他ビタミン類、ミネラルなど、健康に良い成分が豊富に含まれています。
中国茶は、発酵の度合いによっていくつかの種類に分けることができます。
発酵度が低いものほどビタミンやミネラルは豊富ですが、発酵が進むにつれこれらの成分は失われていく代わりに、カテキンが化学変化を起こすことで、糖尿病やがん予防、痩身などに効果があるとされる烏龍茶ポリフェノールが生まれます。
また、ジャスミン茶などの花茶と呼ばれるお茶にはリラックス作用や、ストレスを解消させる効果があります。
紅茶は、世界で最も多く飲まれているお茶であり、その種類も様々ですが、主に抗酸化作用、風邪の予防、ダイエット効果など、健康だけでなく美容にも良い成分が豊富に含まれています。
他にもお茶の種類は多岐に渡りますが、それぞれの国や地域の人々が昔から、お茶を健康のために飲み続けてきました。

お茶と健康について

お茶は日本人にとって欠かせない飲み物であり、健康にいい効能をもたらす成分を含んでいます。
効能はがん予防、抗酸化作用、抗インフルエンザ作用、リラックス作用、痴呆症予防などが主に知られています。
お茶の成分は旨みの「テアニン」、渋みの「カテキン」です。
「テアニン」はアミノ酸によるもので、脳、神経機能調節作用があります。
「テアニン」は渋み成分でポリフェノールの一種です。
抗酸化作用があります。
玉露には「テアニン」が多く、煎茶には「カテキン」が多く含まれています。
抽出温度でも成分は違っており、50~60度の低温で煎れると「テアニン」の抽出量が多く、80度の高温で煎れると「カテキン」の抽出量が多くなります。
お茶のテアニン、カテキン、ビタミンCや水溶性成分は抽出されますが、食物繊維、クロロフィル等不溶性の成分はお茶の葉に残ります。
佃煮などにすると成分を丸ごと食べられますが、粉茶を煎れて飲むとより手軽にお茶の全栄養成分を摂ることができます。
煎れ方や種類で成分は違ってきますが、健康にいいと思って飲むよりも自分の好みで楽しみながら飲みましょう。

check

住所レンタルを活用

2017/12/21 更新

Copyright 2015 ほっと一息  All Right Reserverd.