お茶に関する情報が満載!

健康によいとされるお茶の成分について

お茶は健康によいということは広く知られていて、特にカテキンという成分が有名です。
そこでここでは、カテキンをはじめお茶に含まれるカフェインやテアニンなどの成分について紹介します。
健康によいと広く知られているカテキンとは、渋み成分でこれには血中コレステロールの低下や体脂肪低下などの作用があります。
この他にもカテキンには抗酸化作用や虫歯予防、抗インフルエンザ作用などがあります。
一方でカフェインには疲労感や眠気を取り除く覚醒作用をはじめ二日酔い防止や利尿作用があり、お茶の苦味の素となっています。
加えてお茶のうまみの素であるテアニンには、神経細胞を保護する作用やリラックス作用があります。
これら以外にもお茶にはビタミンCやB2、葉酸やビタミンE、ベータカロテンなどのビタミン類が豊富です。
これらはそれぞれ皮膚や粘膜の健康や動脈硬化予防、視力維持や抗酸化作用があります。
これら以外にもサポニンやミネラル、クロロフィルなどの成分が含まれています。

お茶に含まれるさまざまな健康成分

日本で古くから飲まれているお茶は、お料理や甘いお菓子などと共にいただくと深い味わいや旨みが感じられ、日常の中でのホッとするひと時を与えてくれる存在でもあります。
また、美味しいだけではなく、健康にも良い効果を与える成分が含まれていることも注目されています。
お茶はビタミンC・Eや葉酸などのビタミンも豊富ですし、ミネラルやサポニン、テアニン、カフェイン、そしてカテキンなどの成分が含まれています。
特にカテキンには、様々な健康効果があることが分かっていてそれを利用した商品なども開発されています。
カテキンはポリフェノールの一種であり、お茶の渋みの主成分でもあります。
殺菌効果や、活性酸素と戦ってくれる抗酸化作用、また血圧の調整効果、血中コレステロールや体脂肪の低下作用も認められるそうです。
日頃から常飲していると、生活習慣病などを防いでくれる効果が期待できそうです。
食事の際や三時のおやつの際にお茶を淹れて飲むことは、リラックス効果と健康効果の一石二鳥の効果が得られるかもしれません。

recommend

最終更新日:2017/1/17

Copyright 2015 ほっと一息  All Right Reserverd.